アルギニン+シトルリンで中年は元気になるか?

オッサンよもやま話
よもやま話
スポンサーリンク

オッサンに力を

 最近は本も読まなければ運動もせず、面白おかしいことにすらチャレンジしていない。何とも味気ない日々だ。こういう時は、過去に購入した品物の話をするに如かず。自分のように、色々な面で元気のなくなりがちな中年向けに、アレの紹介といこう。

 アルギニンやシトルリンといった言葉に聞き覚えはあるだろうか。まあ、簡単に言うと血管拡張作用のあるアミノ酸の一種だ。時々、その粉末を摂取している。若い頃には想像もしなかったんだけれど、年齢を重ねると単に寝た、食ったのみでは体調が良くならない。どこかしら重力に魂を引かれ、

「そんな大人修正してやる!」

と叫ぶカミーユに殴られそうな状態であることが多い。どうも、スムーズな血流や血管の柔らかさといったものと、疲れの解消だとか男の元気はつらつそれが勝利の合言葉だとかには、正の相関があるように思われる。で、以前の記事にあれこれと、書いた駄文とモロ被り、性懲りもなく述べるとすると、生命の危険を避けるため、および息子(掛詞)を少しでも力強くするためにブロッコリーなり茸なりを食べ始めた時期に偶然これらのアミノ酸を知り、それ以来摂取するようになった訳だ。愛用しているのは以下の商品。

 

気になる効果は

 はっきり言えば、効き目が劇的に表れる代物じゃない。何となく、いつもよりはマシかな、と感じる程度のものだ。ただ、一週間二週間と摂り続けるうちに、中年特有のキツいだるさに悩まされにくくなったような気はしてくる。で、人によりけりとは思うけれども、コーヒーや栄養ドリンクのお世話になる回数がだんだんと減ってくる。個人差は大きいだろうし、職種によって異なるのは百も承知。しかし、自分と同様、カフェインで無理やり元気を奮い立たせなくても平気になる人は、一定数出てくるんじゃないかな。それが、アルギニン、シトルリンに対する率直な感想だ。就寝時に摂るか、それとも起床時に摂るかで違いはありそうだ。どちらがいいかはお気に召すまま。

 念のために述べておく。たとえ以前に紹介したクラチャイダムと併用しても、ベアクロー両手に装備と2倍のジャンプ、3倍の回転による1200万超人パワーの如き効果は発生しない。互いを邪魔しないって程度かな、体感的には。また、胃腸の弱い方は胃が荒れるかもしれないので、ビタミンCと同時に摂取するのがいいらしい。上の商品はビタミンCが添加されているので大丈夫だとは思うものの、念のため申し添えておく。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました