意外なものは食と文章

すラーメンよもやま話
よもやま話試しにやってみる
スポンサーリンク

今回は2本立て

 分けて書こうか迷ったけれど、本日のネタ、単品でお出しするにはちょいとばっかりカロリー控え目だ。まとめてしまえと大皿にのせる気持ちでアップする。よしなしごとと言うなら、確かにそのとおりなんだよね。まあ、ブログ名に「備忘録」なんて言葉を使っているんだし、メモ的な使い方でもいいでしょ。意外なものごとにちょっぴり考えた、という内容だ。

友人の文章

 大学生時代から長い付き合いが続く親友――とこちらでは勝手に思い込んでいるY君のnoteを見た。むろん、ここで触れるのはメディアプラットフォームのnoteね。記事を読んでいると、自分の知る彼の語り口や為人(ひととなり)が心に淀みなく浮かんでくる。こんなことがあったのか、そんなことを考えてたのかと、楽しく読み進めていく。ところがだ。いくつかの記事に、軽い違和感を覚えた。

「何だこれ? らしくないな」

まるで掃除機が段差に引っかかった時のような当たり障りだ。別に、記事内容がおかしい訳じゃないよ。表現も穏当で分かりやすく、意見や考察だって至極まともだ。しかし、こちらの知るY君とは何となく重ならぬ部分が、文体や表現の端に影をのぞかせている。

 人間は複雑な生き物なんで、自分が他人の全てを知るなどまず不可能だ。こちらの思う「らしさ」なんて、その複雑さを勝手に平板化したものに過ぎない。それはそれとしてもだよ。まさか、文字を通じて未知なる彼の一面に触れるとはね。いい意味で意外だった。言うまでもなく、本人にしてみれば何のことだと思うだろうさ。ありのままの自分を文字で表現しただけのはずだし。じゃ、何故にこちらが違和感などと言い出したのか。答えは簡単、ある人物の本来の姿と、他人が思い描く「ある人物」のイメージがずれているからだ。勝手に規定していた「Y君像」が、本物によって修正された訳だ。自分が理解する他人というのは、思う以上に奥行き深くて測りがたい。こういうのって大抵、会話なり伝聞なりで味わうものなんだけれど、今回は文章を通じてという点で印象に残った。

 蛇足を承知で書くと、言葉からある人物の印象を形作るには「一定の」文が必要だ。ある程度の分量で書かれた文章でなきゃ、書き手に対する印象なんてのは生まれない。もしも、これがTwitterの呟き程の文字数だったなら、今回の気付きに至らなかっただろう。裏を返すと、Twitterの呟きは己ならざる己を発信しているとも言えるかもね。

すラーメン? を作る

 暇に飽かせてまたしても「日雇礼子」を視聴する。この日雇礼子は以前からお気に入りのVtuberで、元ネタを知らなくても面白い言語表現がポンポン出てくる稀有な存在だ。で、その動画をだらだら見ていたら、

「孤独のグルメとかに出てきた鳥取のすラーメン……」

なる言葉を耳にした。そういや昔、『孤独のグルメ』を読んだ時にその存在を知ったなと思い出し、ついでに食してみようとも思い立ち、スーパーに出かけて中華麺を買った。

 すラーメンとは、乱暴に言えばうどん汁に中華麺が入った食べ物だ。麵を茹で、ヒガシマルのうどんスープを用意する。で、できたのがこれ。具がないと寂しいので、ワカメを入れてみた。

すラーメン

 どんな味なのか、好奇心を昂らせつつ一口すする。うん、ラーメンとうどんだ。いや、ふざけてる訳じゃない。本当にそうだとしか言いようのない味なんだ。ラーメンなんだけどうどん、うどんなんだけどラーメンとしか表現できない。まあ、思っていたより違和感はない。酔っ払ってたら何も気付かないな。うどんばかりで飽きた、という時の変化球として、有りと言えば有りだろう。それにしてもこの掛け合わせ、同じ麺類なんだから一般化していても不思議じゃないんだよね。それが知る人ぞ知るという状況になってるのは、やっぱり料理に対する固定観念ってのがあるせいかも。食にしろ人の見方にしろ、そうした固定観念はよくないと考えさせられた一品だった。

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

 

 

コメント

  1. よっしぃ より:

    コメントいただいた者です。

    まさか文体のところでご指摘いただくとは、意外でした。
    恐らくなのですが、今noteで書いている文章はこれまでと違う、至極実験的に書いているから違和感があるのだと思います。

    つぶやきであれば140文字、
    少し意見を加えようとすると
    全く文字数が足りません。

    なのでどうしても一語一語を削ることになる。ですます調も御法度です。
    定型詩でも書いているような気分になります。

    長文も書いていますが、練習もかねて800文字台に制限しています。
    装飾少なく、意見を伝える構成を身につけたい一心ですね。書きたいだけお腹いっぱい書いているものに比べると、かなり変わっているかも、知れません。

    シンプルに伝わる表現力を身につけたいものです。

    • S口(えすぐち)S口(えすぐち) より:

      コメントありがとうございます。背景を知り、そうだったのかと納得しました。別手段で後ほど。

タイトルとURLをコピーしました