馬をくれ。そうしたら王国の半分をやるぞ

シェイクスピア書物
書物
スポンサーリンク

※2020年11月の記事再録

悪の王様リチャード三世

シェイクスピア

 家庭で使用しているノートパソコンの内蔵スピーカーが壊れているかもしれない。最近、何かが故障する事態に見舞われてばかりだ。厄年じゃないんだがな。

 リチャード三世の遺骨発見のニュースは、何年か前に知って、たいそう驚いた。歴史上の人物にまつわる言い伝え、嘘か誠か分かるなど、つゆ思わざりふしぎ発見。かの王の背骨は、伝承に違わず湾曲していたそうだ。

 リチャード三世といえば、やはりシェークスピアの戯曲だろう。生まれながらの悪党が、王冠求めて人殺め、めぐらす詐術数知れず。決戦前夜の枕元、殺した奴らの亡霊が、浴びせる呪い死の予言。裏切者が裏切られ、ボズワースの野に骸を晒す。あんまりにも面白いもんだから、一気に読了した覚えがある。自然な流れだと王位継承権が自分に巡ってくることのない立場だったリチャードが、王冠への野心のために奸計をめぐらし、邪魔な親族や貴族を次々に葬って即位するものの、もう一方の王位請求者の血筋であるヘンリー(後のイングランド王ヘンリー7世)にボズワースの戦いで滅ぼされる、というのが物語のあらすじだ。リチャードの自己認識と野望の大きさ、残忍さ、大胆さ、軽妙な機知が何とも魅力的で、さらに詳しいことが知りたくなって前日譚である『ヘンリー六世』も読んだ。日本が応仁の乱で乱れていた頃にイングランドでは薔薇戦争が起きていたなんて、興味深い歴史の一致だ。麗しいイギリスの女性とお知り合いになれたなら、そんなことを話してみたい。途中で壊れぬことを祈りつつ、ポケトークを使ってな!

 題名はリチャードが最後の戦いで発したセリフだ。生々しい、剥き出しの感情が伝わってきて、思わず口にしてみたくなる。話はそれるが、遺骨を科学的に調べて復元したというリチャード三世の顔が、有名な肖像画そっくりだった。どういう仕組みで復元できるのだろう。

 

 

 

 

  

 

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました