AviUtlが面白い

ノートパソコン試しにやってみる
試しにやってみる
スポンサーリンク

動画作りの初歩だけど

 大雪で職場の雪かきが大変だった。去年や一昨年はほとんど降らず、積もっても大したことがなかったのに、今年はどうなってるの? さて、懲りずにと言うべきか、またしてもと言うべきか。ひょんなことから動画作成に興味が湧いた。いや、動画を作ってユーチューバー目指すぜって話でなく、動画作成ソフトに関心が向いたのよ。何でも、無料ながら多機能かつ使いやすいソフトがあるらしいと、今更ながらに知った。で、ダウンロードしたのが表題のAviUtlという訳だ。その分野では有名なんだそうだ。動画なんぞ手元にないので、この度は静止画を繋ぎ合わせたやつを作ってみる。

凄いねホントにこれ無料?

 とはいえ、手元にあるのは過去に作った料理の画像のみだ。とりま、これらを繋げてみる。拡張プラグインのおかげで、すこぶる作業しやすい。ネットで見た情報によれば、この拡張プラグインが優秀らしい。まあ、最初は何が何だかわからず、検索しまくりだったけれど。ついでながら、公式ページからダウンロードしたのはAviUtl本体と拡張プラグインのセットになったzipファイルだ。

 画像の切れ目にフィルタオブジェクトのシーンチェンジを追加し、字幕を付けて、表示時間を調節してと、色々いじる。一応形になったら、次は視聴としゃれこむ。おお、すげぇ。画像がフェードしたり回転して表示されたりする。ほぼほぼマウス操作のみでここまでできるのかよ。技術の進歩って凄まじいね。素材とアイディアさえあれば、いくらでも面白いものが作れそうだ。今回は面倒だったので音声は動画に組み込まなかったけれど、これだけ手軽に編集できるなら、後から追加しても問題ないだろう。「動画で副業」なんて文言、今まで遠い世界の話だった。だが、AviUtlに触って理解した。これだけ参入障壁を低くしてくれるツール、つまり手軽に動画編集ができる手段に恵まれたら、そりゃ猫も杓子も動画でひと儲けと考えますわな。まあ、面白いネタもなければ、どんな分野に需要があるのか分析するマーケティング能力もない身としちゃ、この方面に進む気は今のところないんだけどね。それでも、ちょっとした余暇の楽しみにはもってこいだ。30秒ほどの動画が出来上がったんで、早速アップ……出来ねぇ! よく分からんけど、ファイルが大きすぎると表示された。こうなったら致し方ない。圧縮する術が見つかったら、その時にアップしよう。ググって仕入れた情報に従い、MP4に変換するプラグインをインストールして再度挑戦だ。

上手く表示されていたなら御の字。慣れてきたら、別の動画も作ってみるとしようか。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました