ルナティックドーンとの遭遇

剣よもやま話
よもやま話
スポンサーリンク

※2021年2月の記事再録

 これまで、アートディンク社のゲームにあれこれ言及してきた。いよいよ今回はルナティックドーンだ。と言っても、プレイしたのは『ルナティックドーンⅡ』と『ルナティックドーン 開かれた前途』だけだから、同シリーズの別作品についてはよく分からない。ここでは、『ルナティックドーンⅡ』にまつわる思い出話をしていこう。

 

 

 

ルナティクドーン、すなわち何でもありの世界

剣

 高校生の頃、友人が『ルナティックドーンⅡ』で遊んでいるのを見たのが始まりだった。当時はウィンドウズPCを持っていなかったので、プレイする機会に恵まれなかった。しかし大学生になり、パソコンを買い替えたことから、遊ぶ環境が整った。で、『ATLAS』や『関ケ原』と同じく、『ルナティックドーンⅡ』も楽しんだ訳だ。

 当世風の言い方をすれば、とにかくドハマリした。敷かれたレールの上を歩むような既存のRPGと違い、とても自由度が高い。よくある護衛、救出、おつかい仕事の依頼から、果ては強盗、誘拐、暗殺まで、何でもござれの冒険家業。おまけに、その気になれば戦闘中に仲間を襲って殺すことはできるし、敵味方見境なくダメージを与える魔法はあるし、プロポーズが成功すれば異性の仲間と結婚できるし、嫁さんいなくてもマイホーム建てられるしで、何とも混沌とした作品だった。

ジャハヒームのランダムボール、すなわち厄災

 色々なNPC(自分では操作できないキャラクター)が出てくる中で、特に印象深いのはジャハヒームという魔法使いだろう。こいつの操るランダムボールなる魔法、ひとたび唱えられるや、大ダメージを与えるエネルギーの塊が文字どおりランダムに降り注いでくる。運が悪いとこちらに当たる。HPが残り少なければ、誤射(?)であっけなく昇天してしまう。で、その厄災を逃れるべく、敵が近づくまで待機していると、そういう時に限ってこいつが弾かれたように飛び出していく。ランダムボールを使わない。逆に、さっさと片づけられる相手に遭遇したなと考えて安易に接敵すると、ランダムボール発動。

お前、俺を殺す気か! 

以上のことから、ジャハヒームを仲間にするとゲームが一層スリリングになる。お薦めだ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました