なぜ「学校」で歴史を教えるのか

万国旗よもやま話
よもやま話
スポンサーリンク

そういうものだと言う前に

 子供から色んな疑問浴びせられ、大人は時に答えに詰まる。だって、そんなもの考えてもみなかったって場合が多いから。で、取り合えず適当に答えるんだよね。

「大人になった時に知らないと困るでしょ」

みたいに。そして、はぐらかされた子供は大半が自分の発した問いを忘れて成長し、大人になってから困る訳だ。子供に以前の自分と同じような質問をされて。ここからは偏見に満ちた意見になるんだけど、子供からなぜ学校で学ぶのかと問われて答えに窮するのが歴史じゃないかな。なんせ、子供が納得するレベルで学ぶ意義を説明するのが難しいから。大人がどれほど役に立つと説いても、小中学生(高校生や大学生も含まれるかもしれんが)には、その有益さが実感を伴って分かるなんてことは稀だと思う。キルケゴールばりに、

「関ケ原の戦いが1600年に起きたことと私との間に、一体どんな関係があろうか」

と答えられた日にゃ、頭を抱えちゃうよ。それで、大人は答える訳だ。そういうものだからって。しかし、ちょいと前提条件を知っていれば、なぜ学校で歴史を学ぶのかなんて、たちどころに説明可能となる。。

国民国家と歴史教育

 前提条件として、日本は国民国家だ。また、少なくとも普通教育については国が国民に対して責任を負っている。念のため、なぜ学校で歴史を学ぶのかという問いは、現代日本でという但し書き付きね。で、国民国家について大まかに述べると、

「人種・民族・言語・文化・領域ではなく、特定の国家に帰属する意識(薄いか濃いかは別にして)によって当該国家と結び付いた人々が構成する国」

のことだ。現代ではほぼ全ての国が国民国家だと言っていいだろう。次に普通教育について定義すると、

「その社会=国家で生きていく上で不可欠な知識を含んだ教育」

というのが妥当かと思われる。勿論、重力や酸素みたいな物事について学ぶのは特定の社会(国家)以外でも不可欠な知識だから、各国の普通教育には共通する情報もあるけど、大掴みに表現すれば上記のようになるだろう。

 さて、ここから本題に入る。基本的に国家(社会)は自己の永続を当然とする存在だ。我が国は100年後に亡びる予定だと宣言して成立した国なんか(多分)存在しない。一方、国家を構成する個々人は必ずいつか死ぬ。すると、国家は自分を構成する国民を再生産せにゃならない。誰でもいいという訳にはいかない。日本の場合だったら、日本に帰属意識を持つ国民でないと話にならない。じゃあどうするか。ここで普通教育の出番だ。学校、つまり普通教育で歴史を教える。歴史を教えることで、国民国家の一員としての日本人ならば、日本が他国と異なる過去を持つと知る。なぜ日本では仮名文字が使われているのか、なぜfunctionは関数(函数)とわざわざ訳すのか。他国との関係、換言すると日本は他国と異なる存在だという意識から、自分が日本に帰属した存在だと思うようになる。普通教育を通じ、個々人に「日本人」というアイデンティティが育まれる。つまり、日本が日本であるために、日本の普通教育では歴史を教える訳だ。これがアメリカだったら普通教育でアメリカの歴史を教えるし、メキシコだったら普通教育でメキシコの歴史を教える。こうして、世代が交代していこうとも、国民国家は続いていく。だから、子供になぜ学校で歴史の勉強をするのかと質問されたら、お前を日本人にするためだと答えればいい。これは妄言じゃない。文部科学省いわく、

「社会的事象について、よりよい社会を考え主体的に問題解決しようとする態度を養うとともに(中略)我が国の国土と歴史に対する愛情、我が国の将来を担う国民としての自覚、世界の国々の人々と共に生きていくことの大切さについての自覚などを養う」――小学校学習指導要領(平成29年告示)第2章第2節社会より

「歴史に関わる諸事象について、よりよい社会の実現を視野にそこで見られる課題を主体的に追究、解決しようとする態度を養うとともに(中略)我が国の歴史に対する愛情、国民としての自覚、国家及び社会並びに文化の発展や人々の生活の向上に尽くした歴史上の人物と現在に伝わる文化遺産を尊重しようとすることの大切さについての自覚などを深め、国際協調の精神を養う」――中学校学習指導要領(平成29年告示)第2章第2節社会より

ってね。国民としての自覚って表現に、端的に現れているでしょ。平城京と平安京の違いを知るのも日本人というアイデンティティ形成のため、元禄文化と化政文化は別物と知るのもまた然りというのが、今日のお話だ。

 ちょいと脱線して、日本嫌いの日本人について。世の中、日本が嫌いで日本国籍を捨てたいと考える日本人もいるらしい。法的には他国の国籍を取得さえすれば日本国民でなくなる。しかし、アイデンティティの一部となった日本国に関する情報を捨てるのは至難だ。織田信長と聞いて人名だと分からなくなるくらい、かつて学んだ事柄を捨て去る必要があるだろう。日本嫌いの日本人って方は、そのあたりの困難にどう対処してるんだろうか。気になる。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました