武士は主君より強い

武士書物
書物
スポンサーリンク

『観応の擾乱』を読んで

 数年前のことだ。何かの拍子で書店を訪れた際に、中公新書の『観応の擾乱』を見かけた。日本史を学んだ方には蛇足だろうけれど、観応の擾乱とは、南北朝時代に起きた足利尊氏・足利直義兄弟の対立に端を発する争乱のことだ。新書なんで、自分みたいな初学者向けかと思い、購入した。

 読んでみると、確かに一般の人にも分かりやすいように配慮された文章だった。しかし、そもそもの出来事が現代人からすると疑問だらけなんで、読み終えた後もやっぱり「よく分からん」状態だった。無念。その時は、もうちょっと南北朝時代の知識を蓄えてから、折を見て再読しようと感じた。とはいえ、何も収穫がなかった訳じゃない。ちょいとばかりは心に残ったものもある。

主君を脅す武士と部下の元まで出向く主君

 まず一つめが「御所巻」だ。これは武装した武士集団が征夷大将軍、つまり武士のトップの邸宅を包囲し、自分たちの要求を聞き入れさせることを指す。いや、戦国時代に部下が主君に叛くなんて話なら分かるよ。けど、征夷大将軍を相手にそれをやるとは。一歩間違えば自分が反逆者として討伐されかねんのだから、昔の武士って凄いね。同じ武士でも、明らかに江戸時代と違う。しかもこれ、足利尊氏以降の将軍でもやられた者が複数いたそうだ。目上だ目下だで済む話じゃない。征夷大将軍といえど、簡単に上意下達といかなかった訳だ。主君より強いっていうか、この時代の武士が怖いもの知らず過ぎて驚く。

 もう一つは「トップの下に兵が集まるとは限らない。必要ならば、兵力の集まる場所までトップが出向く」ということ。本書で触れられた中から例を挙げると、足利直義が近江で兄の足利尊氏に敗れてから関東まで赴き、そこで自分に味方する武士団を集めたのが該当する。常備軍なんてものがなかった封建制の時代だ。どれほど己に与する勢力がいようとも、それが遠く隔たった地にいるなんてのは珍しくない。なら、軍を動かすにはトップが自らそこまで行くしか術がない。軍を呼び寄せている間に滅んだら本末転倒だからね。現代の軍隊のイメージで歴史を理解しようとすると誤った解釈に陥る。必要とあらば配下の軍勢の元まで長距離移動せねばならないトップってのが、面白く感じた。

南北朝に思いを馳せる

 NHK大河ドラマで南北朝が取り扱われたのは「太平記」のみだ。それだけ、この時代は現代人に馴染みがないということだろう。ただ、『逃げ上手の若君』みたいに中世日本の混沌としたエネルギーを娯楽作品に反映させようという機運は昔より高まってるなとは感じるからこそ、この時代がもっと取り扱われるのを歴史好きの一人として期待したい。

 

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました