貧乏飯の探求

ピーマンと鶏もも肉の炒めもの試しにやってみる
試しにやってみる
スポンサーリンク

QOLを上げる貧乏飯

ピーマンと鶏もも肉の炒めもの

 昨年の話だ。ひょんなことから「貧乏飯」という言葉を知り、色々調べる日々が続いた。思いもしないレシピが、まぁ出てくるわ出てくるわ。すごい発想だと感心しきりだ。しかし、どうにも自分好みの料理じゃないものが多い。さてそこで、ぜいたく品ではないけれど、生活の質(QOL)上げようと、お薦めのものいくばくか、数え上げるぜオジサンが。同様の思いを抱えている方の、一助になれば幸いだ。

汁物

 具はきのこ、細切れの高野豆腐、安ければ大根だとか白菜だとか。生食の国産わかめが半額で手に入ったなら、刻んで小分けにしてからラップに包み、冷凍保存する。で、味噌汁が出来上がる直前に鍋へ入れる。洋風ならば冷凍ブロッコリーや玉ねぎ、にんじんのスープ。ベーコンがあればそれも入れる。気持ち薄味にし、汁そのものは多くする。シチューならば、水で戻しておいた安物マカロニも加えて煮ると腹が膨らむ。

マカロニ入り白菜のシチュー

焼き物・炒めもの

 玉ねぎか長ねぎを何かと一緒に炒める。お薦めは、ウェルシアで売ってる安いちくわ。醤油とみりん、砂糖で甘辛く味付けてから白ごまを散らしてもいいし、豆板醤で辛くしてもいい。こちらは濃いめに味付ける。下の画像は和風の味付け。

玉ねぎとちくわの甘辛炒め

 鶏肉は、もも肉も胸肉もフライパンで蒸し焼きにする。胸肉の場合、蒸気の力で熱を通せばしっとりとした食感になる。逸る心を抑えて余熱調理できるかどうかが鍵だ。生姜好きなら、フライパンに残った肉汁と生姜おろしを混ぜ、そこに調味料を入れて火を加えると、たれが完成する。卵好きなら、だし巻き卵。といた卵に小さじでだし汁を少々加える。入れ過ぎるとうまく巻けないが、加減を見極められればふっくらとした出来上がりとなる。手軽さならば焼うどん。下の一品は、100円とかかっていない。

焼きうどん

煮物

 野菜ならばなんでも。昆布茶の粉末を加えて和風にするもよし、コンソメ顆粒で洋風にするもよし。炒めものより嵩が減らない分、鶏肉、豚肉、牛肉は煮物にすると満足度が上がる。煮物にお薦め調理器具、スロークッカーについては、日を改めて語るとしよう。調理を終えてから、鍋ごと料理を冷ますことで味をしみこませる。すぐに食い始めると薄味必至。時間を味方にした者が煮物を制する、と思う。冷ますため、冷蔵庫も活用したいところだ。

鍋物

 おかわりする際は、豆腐や油揚げを鍋に補充してから火を通し、嵩ましする。汁の濁りが気にならなければ、最初から入れておいてもいいだろう。締めにうどんを入れるとしたら、天かすも加えたい。意外なところで味付けに、使う豆乳、塩麹。鶏肉の水炊きでポン酢に飽きたら、鍋に入れてみてほしい。結構うまいぜ。

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました