スロークッカーでQOLを上げる

スロークッカーよもやま話
よもやま話
スポンサーリンク

煮物の問題、解消するのは

 普段は家で食事を作っている。小難しいことは抜きに、ただただ煮たり焼いたり炒めたりして副菜をこしらえるだけなんだけれど、自炊経験のない人にそれを語ると、たいていの返事は似たかよったか、

「料理って難しそう」

となる。いや、こちらも御大層なもんを作るわけじゃない。味付けなんぞ滅茶苦茶だ。しかし、自分がほとんど自炊しなかった時期を思い返してみれば、確かにそういう感覚は理解できる。特に、火加減はその最たるもので、肉類や根菜類の煮物となればある程度の時間は台所に拘束されてしまう点がキツい。と、ここで問題解決のために登場するのが、表題のスロークッカーという訳だ。

放っておいても火加減の心配なし

 スロークッカーの特徴は、煮汁を沸騰させない点にある。ちょいと理科的な話だけれど、沸騰とは液体がその内部から気体に変化することだ。蒸発は、液体がその表面から気体に変化すること。で、煮汁を沸騰させないと何がいいかって、肉が固くなり過ぎない。だから、最初の味付けさえビシッと決まれば、豚のモツ煮も角煮も、ふっくらと仕上がる。鶏の手羽元の煮込みも然り、牛肉の時雨煮も然り。さらに、吹きこぼれの心配がない。まあ、製品によっては蓋に溜まった水滴が少々こぼれるかもしれないが、普通に火を使う場合と比べれば段違いだ。煮物を作る傍ら、あれこれできる。ことによっては買い物に出かけられる。QOLが上がる上がる。

 一方、気を付けておきたいのは味付けだ。煮汁が沸騰しないというのは、汁が煮詰まらないのと同じ。そうなると、下味をしっかりつけて濃い味で煮るか、できたものをつけダレに浸すかしないと締まりのない一品になる。もちろん、しっかり冷やして味をしみ込ませるのは忘れちゃいけない。俺? イギリス人方式で食う。要するに、皿に盛りつけてから調味料を追加する。煮物を濃いめに作ると、ヒくほど砂糖と醤油を消費せにゃならなくて財布に優しくないから。個人的にお薦めのスロークッカーはこれ。

 

スロークッカー 1.5L KDPC-15AV 電気調理鍋 電気鍋 電気グリル鍋 電気調理器 1人~2人用 卓上 一人用 煮込み鍋 家庭用 一人暮らし【送料無料】

価格:2,380円
(2021/3/14 17:50時点)
感想(4件)

お薦めの理由は安いから。タイマー機能はないし、長時間使ってると鍋の内部に溜まった水蒸気のせいで蓋がカタカタ鳴り続けるので、そこが許容できる人向けかな。それでもね、性能自体は必要十分。コンセント式タイマーを買って併用するならば、特に不便は生じずに生活の質上げられる。前日に調理しておいて、翌日食べるのがいいだろう。

※追記

 上記製品は、HIGH・LOW・AUTOのスイッチ切り替えが可能だ。調理の際はHIGHにしておくよう、ご忠告申し上げる。うっかりLOWで調理したら、ニンジンが固かったyo。

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました