書物

書物

大河ドラマの影響で

鎌倉時代関連の新書を読む  積立nisaを始めてからっていうか、約定してから未だ20日しか経っていないのに、投資信託のS&P500インデックス評価額が2500円ほど上がっていた。すげえ...
書物

安彦良和の漫画

美麗な絵  昨日は届いたICカードリーダーライタを使ってマイナポイントの申請をした。いやもう、四苦八苦の悪戦苦闘で、パソコンにアプリをダウンロードしたまでは良かったけれど、そこから先で躓いて、...
書物

ブッ飛んだ人々

『オフィス北極星』の話  久々に体重計に乗ったところ、驚きの数値が出た。なんと、3月の体重と比べて10㎏近く減っていた。瘦せたというよりも、やつれたと言い表すのが妥当だ。ヤバい。大学生の頃に穿...
書物

異世界転生ドストエフスキー

これが予言というやつか  相変わらず訳の分からない題から記事は始まる。一言断りを入れておくと、ヤバいものを食ったり吸ったりはしていない。暇になると訳の分からない発想、というか妄想が湧いてくるの...
書物

武士は主君より強い

『観応の擾乱』を読んで  数年前のことだ。何かの拍子で書店を訪れた際に、中公新書の『観応の擾乱』を見かけた。日本史を学んだ方には蛇足だろうけれど、観応の擾乱とは、南北朝時代に起きた足利尊氏・足...
書物

ブラック高校野球

これぞ「昭和」の高校野球暗黒編  漫画を本の範疇に入れるか否か訊ねたら、賛否両論あるだろう。これ、画集や写真集が本と呼べるかどうかも同じ話で、要するに「文字/記号」が主であるのか従であるのかと...
書物

謎めいた安部公房

 昨日の23時37分にグーグルからメールが届いた。アドセンスの審査に通ったとの由。確かに、今までアップした記事がほとんど認識されていなかったから、グーグルのサーチコンソールにforget・me・no...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました